ミニ四駆にちょっと興味が沸いたので作ろうとしたんですが・・・
何から手をつけてどうしたら良いものかと悩みモードに( ̄▽ ̄;)

ミニ四駆は若い頃に近所の子供たちやアルバイト先(模型屋)で頼まれて普通に組んだことがある程度、走りに関してはレーン?を走行させたこともなければローラーとかダンパーとかパーツはわかるんですがセッティング等の事とか一切無知の状態です。

そんなミニ四駆を製作する(ディスプレイモデル)として楽しめないかな?との試みです。

いろいろ案はあるんですが手付かずになってしまいそうなので1台、普通に作ってみようと思い
始めてみます。

ミニ四駆製作、第一号は 「 ヒートエッジ 」 赤いボディ、フルカウルって種類になるんでしょうか?
レーシーなボディは結構好きです。

普通に作ると言ってもシャーシ組み立ててボディにホイルシール貼って完成ではモデラーとして満足できないのでしっかりモデラーとしてミニ四駆を制作してみます。

では、製作開始~(^^

ヒートエッジ_01・まずは表面処理(下地:1)

そのままでも十分な感じですがヒケやバリ、パーティングライン等を綺麗に馴らしてサフェーサー(以降:サフ)を吹きます。

■クレオスのグレーサフ:1500






ヒートエッジ_02・ベースカラー(下地:2)

サフ乾燥後、更に表面を仕上げて、下地になるベースカラーを吹きます。

赤いボディにするのでベースカラーは白にしました。
ピンクサフとかもいいですね。

■フィニッシャーズのファンデーションホワイト




ヒートエッジ_03・マスキング

このヒートエッジが基本、赤ボディにホイルシールで色分けしボディを表現するんですが今回は塗装で基本カラーを仕上げます。

■キット付属のホイルシールは使わず別な方法を試みてみます(^^ ウマクイクトイイナ



ヒートエッジ_04ボディカラー 1

どうやらヒートエッジはメタリックレッドが基本みたいなんですが(限定でメタリックレッドボディのがある)通常の赤にしてみます。

■カラーを均一にするためにエッジや影になる箇所に先にカラーを吹いておきます。



ヒートエッジ_05・基本カラー完了~

今回の赤:レシピ

■ハーマンレッドを基本にクリアピンク、蛍光ピンクを少々です。
ホイルシールの濃い方の赤に合わせてみました。

ホイルシールをガイドにして他の色も塗り分け





ヒートエッジ_06・ウインドウはボックスアートの感じに

シルバーベースにクリアブルーって思ったんですが
クリアブルー切らしてて新たに購入・・・・
間違えて水性(アクリル)のを買っちゃいました( ̄▽ ̄;)

この失敗を機にっ!
ガイアの純色シアンを使ってみます。
通常より溶剤を多めに希釈したシアンで吹いてみたんですがなんだかいい感じになりました(^^



本日はここまで~GW中はいろいろ予定もあるので制作に没頭できませんがGW中には完成させようと思っております。



人気ブログランキング