RG

RG : アムロ・レイ専用 ガンダムMK‐Ⅱ  【完成】

今年の夏も暑くなりそうですね~(´ヘ`;)

今回はゲームソフト:「サンライズ英雄譚2」に登場する機体(ゲーム内のオリジナル機)

アムロ・レイ専用 ガンダムMk-Ⅱを制作してみました。

【ヤフオク・出品中~ 6月7日まで】
落札ありがとうございました

GUNDAMUmk2_00


特に細かな設定がある訳ではないので自分勝手に想像を膨らませ制作しております。

作品のストーリーでも奪取後のMk‐Ⅱは解体され研究のため?AE社へ送られたものがあるようなのでここらあたりに割り込ませてw
AEへ送る前にデータ収集の目的でアムロ・レイがテストパイロットとして搭乗した機体としてみました。
テストを行う際にエゥーゴの計らいでRX‐78カラー、アムロ・レイ専用マーキングを施されたって感じでどうでしょう?

ストーリー内でもクワトロさんのアムロへの問、「宇宙(そら)には上がらないのか?」にアムロが「怖いので(´・д・`)ヤダ」と言ってますが・・・・エゥーゴ、AEへの協力って事で一時的に上がったって事にしましょ

では制作内容ですが小改修のみ行っています。

RG、MK‐Ⅱの定番でもある頭部(フェイス)の改修

・ツインアイ、マスク部を削り込み小顔化してあります。
 またアムロ・レイ専用って事でファーストガンダムぽく更に調整

 フェイス部は少し奥に入り込むようにして完了

GUNDAMUmk2_05
・胴体接続のボールジョイント部上下で2.5mm位の延長になっています。

ボール部でカットしその間に1.2mmプラ板を利用しています。
補強のために中心部には1mmの真鍮線を通してあります。

そんなに難しくない工作なので試してみてください。
バランスも結構良くなりますよ。

外装の隙間が空いてしまいますがそれほど気になりません。
気になる場合は腹部外装もそれぞれ延長しましょう。



カラーリングはMK-Ⅱ、RGの配色を基本にファーストガンダムカラーにしています。
カラーレシピはお台場ガンダムを参考にしました。

GUNDAMUmk2_01
GUNDAMUmk2_02
GUNDAMUmk2_03

オプションパーツ類もそれぞれ好みで塗装
パイロットスーツはカラバのパイロットスーツ風にしてみました。

GUNDAMUmk2_04
MK-Ⅱ本体とシールドのマーキングはフィルムシールに印刷した物を利用しています。



人気ブログランキング

RG エールストライクガンダム&スカイグラスパー 【完成】

1月は何も完成しないのかっ!!( ゚д゚)と思ってましたがなんとか着艦(完成)が1つ~

RGを最近は多く制作してますがほとんどいじるところがないんで製作工程としては楽です。

今回も塗装に関してだけ自分好みの色味に振ったくらいであとはなんにもいじってません。
それでもこの密度感はRGならではですね。

【 ヤフオク出品中です ここをクリックでヤフオクに飛びます 】
2月1日まで

エールストライクガンダム_スカイグラスパー_01

エールストライクガンダム_スカイグラスパー_03

スカイグラスパーはランチャー/ソードと差し替えで再現でき、エールストラーカーも装着可となっています。
今回はガンダム制作よりこのスカイグラスパー制作の方でテンションあがりました。
実在する機体ではありませんがやっぱりこんなアイテムの方が私は好みのようです(´∀`)

エールストライクガンダム_スカイグラスパー_04
エールストライクガンダム_スカイグラスパー_05




人気ブログランキング

記事タイトルRG : シャア専用 ガンダム #4 【完成】

ca_1

只今、ヤフオク出品中~11月5日終了です
*上記をクリックでヤフオクへ(別窓で開きます)

DSCN1515いつまで経っても撮影技術が進歩しません・・・・(^_^;)

なんかふんぞり返ってますね(笑)

シャア専用・ガンダム
ギレンの野望 Ver
RG:リアルグレード
1/144スケールモデル

やっぱりシャアは連邦の武器もってるよりジオンの武器持ってた方がしっくりきますね~(自己満足ww)













ca_2
DSCN1524
DSCN1521
DSCN1520


●ビームバズーカ付属キット・リックドム



人気ブログランキング

RG : シャア専用 ガンダム #3 【シャア専用なのでシャアらしい武器を】

前回、カラーテストを兼ねて塗装してみたんですが・・・全体的に赤~な感じなのでちょっと配色を変えてみました。

gundam-CA_010左が前回の塗料のテストも兼ねた赤系のみでのメリハリ塗装。

右が新たに配色と各パーツの色味を調整して塗装したものです。

メリハリを効かせる部分と同色でのメリハリの境を調和させることで少しは落ち着いた感じになってるんじゃないでしょうか?



たまたま某模型誌に良い作例があったのでそのまま参考にさせてもらってます。

シャア専用ガンダム本体は完成したんですが・・・・・

このキット、まんまRGガンダムの成型色違いなだけです(´・ω・`)・・・・

違う点はシールドの+が無いものと専用のデカールのみでパイロットもアムロのままだったりします。

武器類もビームライフルにバズーカなんですがビームライフルはガンダム専用で納得できるんですがバズーカは・・・・オプション武器だと思うんですが連邦製のままじゃ何かおかしい・・・

もちろんキットは成型色の赤なので真っ赤なバズーカ付きです( ̄▽ ̄;)

やっぱりシャア専用なんだからシャアらしい武器を持たせたいですよね~

なのでHGUCのリック・ドムからビームバズーカを拝借!!

gundam-CA_06このままだとHGUCクオリティだしグリップの部分が可動式なんですが持たせた時に不安定です。

ちょっと改修してクオリティUPと可動式グリップの後ハメ加工と補強をしてしまいましょう。




今回、定番の後ハメ加工ではなくちょっとだけ工夫をして後ハメと補強をしてみます。

gundam-CA_03グリップ部は挟み込みで組み立てるタイプなんですがこれだと塗装が厄介です。
それに組立後もグリップが安定しないので持たせた時に決まらない><

左画像の矢印のパーツがグリップの軸です。
これを切り取ってしまいます。
(捨てちゃダメですよ)



画像にありますがグリップの受けをPCパーツに変えてしまいます。

gundam-CA_04上記の黄色い矢印にある切り取ったパーツ(グリップ軸)を左画像にある部分に取り付けます。

受け軸がありますので少しカットして差し込むと良いです。

画像下のモノはもう加工してあるんですが受け軸部を3mmのドリルで穴を広げておきます。
(黄色い矢印の箇所も同じように広げましょう)

画像中央にあるPCパーツをここにはめ込みます。




*PCパーツは回転軸の部分を0.5mmほどカットしておくとはめ込み易くなります。

*可動する時にグリップ取り付け位置でPCパーツが少し干渉するのでデザインカッターやエッチングソーで少し広げておくと良いです。

gundam-CA_09次にグリップ部の加工です。

左がノーマル・・・最初の安易な後ハメの為に気に抜いてしまったあとですが(^_^;)

右の画像の様にプラ板でPCパーツへの差込部分を取り付けます。




*使っているプラ板は1.2mmのものです。
加工画像が無いんですが(撮り忘れました(^_^;))グリップ部のパーツに1mmの穴を開け、加工したプラ板はT字の型でカットしてあります。
それを開口した穴に差し込んで取り付けるんですがそれでも強度的に弱いこの後差込パーツの周りをプラ板やパテで補強しました。

バズーカ本体に差込み様子を見ながら調整すると良いです。

gundam-CA_05可動機構はそのまま、PCパーツとの接続なのでグラつくこともありません。

後ハメも兼ねていますので塗装後に差し込めば良いだけです。





次にバズーカのクオリティをRG向けにディテールアップしてみます。

gundam-CA_07

こんな感じです。

利用したアイテムは~

プラ板、ジャンクパーツ、メタルパーツ、マテリアルパーツ、ビルダーズ・パーツ(今回はレンズ)、スプリングパイプ、アルミ線、ビニールチューブ等です。

ちょっと面白いものでバズーカ後部のパイプ類なんですが一番後方に見えるパイプが着色してあるアルミ線(茶色)です。サイズは3mmでダイソーで入手(108円)

後方上部に見える黒いパイプですがこれは網戸用の網を固定するためのビニールチューブです。

サイズもいろいろあるんですが今回は2.6mmだか2.8mmだかのものを利用しています。
色は黒をグレーがあるようです。(今回は黒を使用)

7mで税込140円ほどです。(ホームセンター等で入手できます)

着色するとこんな感じになります。
(ちなみにパイプ類は色を塗らずにそのまま素材の色を活かしてみました)

gundam-CA_08

ビームバズーカのカラーリングは某模型誌の作例をそのまま真似して塗装~

100円ショップやホームセンター等にもガンプラの改修に使えそうなものは結構あるので立ち寄った際にはいろんなコーナーをじっくり眺めてみるのもいいですよ(´∀`)

*ビームバズーカ付属キット(HGUC リックドム)




人気ブログランキング

RG : シャア専用 ガンダム #2 【RGは塗装テストに最適です】

ちまちま作ってたらこんな時間です( ̄▽ ̄;)

RGシリーズは1/144ながらギミックやパーツの分割、内部フレームと本当によく出来たアイテムです。

RGを制作する時に思うのは「あまりいじるとこないな・・・」になるんですが

そんなRGで私がよく行うのが『塗装テスト・塗料テスト』

みなさんはどうでしょう?
意外と新しい色が発売されたり自分で調色したものって塗ってみて試すってやってますでしょうか?

私の場合、プラ板等に色調を変えて試してみたりはたまにするんですがなかなか時間が無かったりするのでこれまでの経験や勘で調色する場合が多いです。
またプラ板に塗ったものと実際に塗るモデルでなんだかイメージが違う・・・(^_^;)
ってな事もあったりするんです。

そんな中で実はRGって細かく分割されたパーツが恰好のアイテムだったりもします。

今回のRG シャア専用ガンダムも単に赤やピンクではなく大まかに3色の赤系で指示されています。

今回はこれを利用してネオ・ジオング発売時に新カラーとして発売されたネオ・ジオング/シナンジュレッドやピンクを使ってみました。

ただそのまま使うのではなく塗り分けに応じて調色したものも使っています。
gundam-CA_02



スマホの画像なのでちょっと色が飛んじゃってますがネオ・ジオング レッドやピンクをそのまま使っている部分

胸部・・・ネオ・ジオング レッド

腹部下・・・シナンジュ ピンク

腕部や脚部はそれぞれの基本色に他の色を混ぜ調色したものを使っています。

極端な色分けをしてあるんですがこれはピンクよりで全体をまとめた方がいいのか?
赤よりでまとめた方がいいのか?のテストです。

一番わかりやすいのが肩アーマーの部分です。

上部と下部でだいぶ違うのがわかると思うんですがどちらもシナンジュ・ピンクを基本として調色下色です。

上部の色はシナンジュピンクに蛍光ピンク・オレンジ・モンザレッドを加えて調色してあります。

下部はモンザレッドが多めに通常のピンクを少し加えたもの

個人的には上部のピンクに近い赤で全体をまとめようかな~と思ってるんですが濃い方の赤も嫌いじゃないな~って感じです(笑)

画像の後ろに表示されているのがRGシャア専用ガンダムの見本色なんですがちょっとオレンジ強めな感じですよね。

ネット上にアップされているC.Aガンダムも色分けに関しては基本通りが多い感じでした。

少しはそのパターンも変えては見たいんですが・・・(^_^;)
凝り始めると・・・・積みプラがいつまでも減りませんので消化せねばですww

このようにRGはそのパーツ分割を利用して配色テストや塗装色のテストも出来たりするのでなかなか重宝するアイテムだと私は思っていたりします。



人気ブログランキング

RG : シャア専用 ガンダム #1 【プレミアムバンダイ版・始めました】

久しぶりにガンダムカラーが発売された (もう少し前の話だけど・・)

ネオ・ジオングに合わせてシナンジュのカラー(レッド系)を買ってみたんだけどネオ・ジオングも買ってないし・・・(^_^;)

とりあえず色味を試したいのでRG:シャア専用 ガンダムで試してします

おもむろにキットをパイパチと組んでみたんですが。。。素組での画像撮り忘れた・・・orz


gundam-CA_01一度バラして『アドバンスドMSジョイント』
フレームは今回塗装をしていません。

フレームのみ(フレームにつく内部パーツも取り外した状態)でフラットクリアを吹いてコーティングしました。

フレームに付くパーツ類の塗装ですが

ガイアの『メカサフ ・ヘヴィ』を使っています。

もともと関節色なので下地と関節塗装が完了します。

楽でいいですね(´・ω・`)b

キメも細かく、食いつきも良いです。
(専用のプロユースシンナー使用)

微妙ではあるんですが通常の溶剤よりは専用溶剤の方が食い付きが良いのがわかります。




制作の時間短縮にもなりますし塗膜も薄くできるので関節には重宝する塗料ですね。

もちろん関節だけではなく通常のサーフェサー、塗料として使えますので下地をグレー系にする場合やグレー系の塗装にもなかなか良いです。

塗装後は艶消し寄りの仕上がりになります。

内部フレームにはシールで表現できる金属色(ゴールド)があるんですが剥がれやすいのでそのっまゴールドで塗装してあります。

現在、パーツの表面処理中ですが数が多いしパーツ分割も細かい・・・また塗装が大変だ~
(´ヘ`;)




人気ブログランキング

RG: ZGUNDAM #3 【完成~ちょっとだけ改修しました( ̄▽ ̄;)】

週末には台風きそうですね~(´Д`;)

できるだけノーマルでっ!と思っていたんですが・・・やっぱりちょっといじっちゃいまいした。

でもとりあえずリアルグレード・ゼータガンダム完成~

RG_Z_05 - a

RG_Z_06

リアリステックデカールもいいんですがどうしても浮きが気になるのでガンダムデカールのRG:Zガンダム用水転写デカールを使いました。

金銀箔の部分はそのままリアルステックデカールを使用しています。

RG_Z_07

そのままつや消しクリアだと金銀箔デカールがくすんじゃいますので一度、艶有りクリアでコート

使ったのはガイアのEXクリアです。

クリア乾燥後、金銀箔部分をマスキングしてから半艶のクリアでコート完了~
*半艶クリアはガイアのEXクリアにフラットベース加え様子を見ながら調整したものです。

RG_Z_08

Zは真後ろからだと・・・・(´ε`;)ウーン…

フライングアーマーがない方がなんだかかっこいいですねww
RG_Z_09

RG_Z_010

とにかくRGはデカール貼りが結構大変、帰宅してからコツコツ貼って3日も掛かっちゃいました。

でも水転写デカールだと完成後の見栄えも良くなるのでオススメですよ。
金銀箔表現の水転写デカール技術・・・できないもんなのかな~

今回の改修の1つ目、頭部バルカンは構造的にも良くできてはいるんですがちょっとチープな感じだったのでメタルパーツのものに変えてみました。
小さいパーツですが2重構造になっているので結構引き締まっていいですよ(´∀`)

RG_Z_011

RG:Zガンダム・・・組み換えなしでウェイブライダーに変形!!いいですね( ̄ー ̄)bグッ!

でも、機構が複雑で変形に結構、気を使います。
股関節、脚部の変形機構は複雑ですがそれなりに強度もありいいんですが問題なのが腕部の変形機構・・・肩の回転(ウェイブライダー変形時の腕部内部折りたたみ箇所)がちょっと強度不足な感じです。

実はRG:Zガンダムは今回で3回目の制作なんですが今回のは変形時に折れてしまいました。

セラグリスを使っていたんですが「ちょっと硬いな・・・」って思った瞬間・・・もげました(´Д`;)
硬いと感じる変形時の可動箇所はちょっとだけ多めにセラグリスを塗布しておいた方がいいかも

今回、フレームも一部塗装しているんですができれば塗装しない方がいいのかも

RG_Z_012
 
改修、2つ目~脚部のスラスターが引き込みギミックの影響で・・・申し訳程度の小さなスラスターになっています(^_^;)

MA時でもウェイブライダーじでもそれなりに目立つ部分なのでもう少し迫力が欲しい~

少し大型化しちゃいました。

MS時に可動範囲が狭くなりますが大きな支障はないのでやって損はないと思います。


そんな訳で完成~でw恒例の「ヤフオク出品~」

「 ヤフオクへはこちらから 」
終了日は7月12日です


人気ブログランキング


RG: ZGUNDAM #2 【アドバンスドMSジョイントの塗装】

相変わらずまったり製作しております。

今回はRG:Zガンダムにも採用されてい『アドバンスドMSジョイント』の塗装です。


リアルグレードシリーズに採用されている半完成のアドバンスドMSジョイント・パーツ
このパーツで骨組みがあるためパーツの多いRGシリーズも比較的に組み易く、可動範囲に関してもこれまでとは違うガンプラの可動領域を得ているのが特徴。


ただこのパーツ、素材的に通常の塗装方法では無理があります。

もちろん塗装しなくても単色成型ですが色分けされているので問題は無いのですがどうしても見えている部分が気になるので塗装したいって方は参考までに

まず用意するのは

RG_Z_03・ガイアのマルチプライマー

・ツールクリーナー

この2つです。

ツールクリーナーでなくても通常のラッカー溶剤(シンナー)でも構わないんですがマルチプライマーを扱う場合(特にエアブラシを用いる場合はツールクリーナーがあった方が良いです)




*私の使っているツールクリーナーはやはりガイアのモノですがエアブラシを利用するモデラーさんなら必須アイテムですね。
大容量のモノがお勧めです。

マルチプライマーは最近、瓶入りのものから缶入りのものへ変更されたみたい。

ガイア・マルチプライマーをお勧めする理由

プライマーは数あれど・・・このガイアのマルチプライマーの密着性は凄すぎます(笑)

ガレキも作る私にはもう完全に必須アイテムになっています。
この高い密着性の特性を活かしアドバンストMSジョイントの塗装も可能にします。
(・・・でも完全ではないので過度な期待はしないでくださいね(^_^;))

もちろんガンプラのポリパーツにだって使えます。

では、利用に関してのアドバイスを少し・・・

このマルチプライマー、筆塗りの場合はあくまでも薄く塗ることです。
エアブラシを利用する場合でもうっすら1・2回くらいで十分です。

塗り過ぎちゃうとこのマルチプライマー、結構粘度があるタイプなので乾燥までに時間が掛かるのとその後も粘度が残ってしまい、塗装後にもこの粘度が影響してパーツがベタつくってことになってしまいます。

あくまでも薄く表面をコートしたら、次に重要なのが乾燥です。

説明には20~30分(もちろん乾燥時の条件次第)と記載されていますができれば1日くらい放置した方が良いです。

・筆塗りでもエアブラシでもこのマルチプライマー利用の場合はしっかりツールクリーナーを使ってしっかりメンテしましょう。

これをしっかりやらないと筆はボロボロ(´ヘ`;)・・・ハンドピースはプライマーの粘度で動きが悪くなるなんてことになってしまいます。
ツールクリーナーがない場合はラッカー系溶剤でもいいんですがいつもり念入りに手入れしてくださいね。


今回、ZガンダムのMS状態でちらっと見える部分をメインにクレオスのメタルカラーで仕上げてみました。

RG_Z_02
ちょっと分かりづらいですがステンレス、アイアン、ブラスを利用し軽めに綿棒で磨いています。

股関節や腰部分はMS時にちらっと見える箇所なのでアクセント的にもいいかもしれません。


RGに採用されているアドバンスドMSジョイントですがZガンダムのような可変タイプのものだと可動箇所に結構負荷が掛かっているみたいで可動時に結構、キツイと感じる場合があります。

そんな時にあると便利なのが「タミヤ セラグリスHG」

RG_Z_04

ラジコンやミニ四駆等で利用してる方も多いと思うのですがガンプラにも使えるんですよ。
アドバンスドMSジョイントの可動部分、もちろんこのジョイントを利用しないガンプラにも使えます。

プラを侵しにくいグリスなので塗装後の可動部分の保護にも良いです。

セラグリスHGを使う時の注意ですが「付け過ぎないように!!」です少量でも十分効果があるので爪楊枝や細いいらなくなった筆等を利用し塗布すると良いですよ。





人気ブログランキング

RG: ZGUNDAM #1 【できるだけノーマルで作りたい!】

なんだかガンプラ製作時にはいつも「ノーマルで作るぞ!」と製作を始めるんですが作り始めると「ここ・・イメージと違うな~」とか「ここはこうした方がいいな~」なんて改修が始まります(´ヘ`;)

そのくせ、帰宅してから制作する時間なんて30~1時間位しか取れないので結果、完成までに時間が掛かるを繰り返しています(笑)

そんな作品は完成後に「あぁ~もう少し丁寧に仕上げておけば良かったな」とかもよく思う訳で・・・

そこで今回は極力、改修を行わない方向で純粋にガンプラを仕上げてみよう!的な企画です。

今回はこちら~RG:リアルグレード Zガンダム。
RG_Z_00

RGって言うだけあってこのスケールでパーツ数はさる事ながらそのクオリティーも高水準です。
実際にほぼ弄るとこなく組み上げられるガンプラですね。

とりあえず、素組みしてみましたが
さすがですね~色を塗らなくても回収しなくてもとっても良くできています。

「これならノーマルで行ける!」と言った矢先ではあるんですが・・・・

やはり気になるところはあるので「ほんのちょっとだけ改修・・・( ̄▽ ̄;)」

「ノーマルで作るぞ!」 改め・・・「気になるところはちょっとだけ改修~」でお送りします。

素組み全体を合わせ目などもとても良く処理されてはいるんですがどうしても気になることこはある訳です。

今回はウイングパーツ部分

RG_Z_01

ウイングは上下で分割され貼り合わせる様になっているんですが矢印の黄色と赤色のパーツに合わせ目ラインが出てしまい結構目立ちます。

これが気になるので・・・黄色い矢印のパーツをエッチングノコで画像の様にカットしてしまします。

そのまま赤い矢印のパーツ側に接着し合わせ目を消して処理

同じくこのパーツには丸いダボ(赤い矢印の先)があるのですが画像にある白いパーツ(スタビかな?)をはめ込んだ後に貼り合わせる様になっています。

塗装のことも考えてこの白いパーツは後ハメ加工してしまします。

画像の様にカットするだけで塗装後にはめ込みできるようになります(要接着)

これでウイング部の回収はいいかな・・・( ̄▽ ̄;)

後は気になるところが出てきたら記事にしてみますができるだけノーマルで制作したいと思います。




人気ブログランキング
ポイントサイトでプラモデルを買う(´∀`)
実際に管理人が利用しているポイントサイトです。
高額ではありませんが毎日コツコツ無理なく貯めて実際にプラモ購入の足しにしています。

プラモのみならずプラモ製作に関わる消耗品もその費用はばかになりません。
そんな消耗品購入とかにも役立つと思うので興味のある方は登録してみてね


・メインで利用しているサイト:毎月2000円程ですが確実に実績を残しています。


・Amazonギフトだと100円分から交換可能~結構すぐ貯まるのでこまめに交換しています。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

マクロミルへ登録

モッピー!お金がたまるポイントサイト



・利用の仕方次第では高額が狙えるらしい~高配当な案件も多い有名ポイントサイト    只今、お試し中~



・現金、ギフト、懸賞とこちらもおすすめ(´∀`)
フルーツメール

Twitter プロフィール
リンク集
作品を投稿するならモデラーズギャラリー
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

ガンプラ投稿ギャラリー |プラばか

ブログランキング~
人気ブログランキング


人気ブログランキング